つながる想い...宗像プロジェクト!

 

 

どうも僕です!

 

 

お盆も通常営業いたしております♪

 

今日もバタバタと忙しい....

 

しかも、盆タイム

 

「うわのそらへでもいってやろうかね」と考えのオキャクサマ!

 

マコトにお手数とは思いますが....ゼヒご連絡してお越しください〜

 

 

 

昨日は、月曜日なんで定休日でした

オクサマの実家の南関にいってきました

 

朝の8時すぎにはもう都市高速から渋滞...おそるべし盆タイム ^^;

自然に囲まれた田舎でガキンチョ4人を相手に水遊びをしたり

ショックな出来事が...

「お、おじさんって言われたーーー ^^;」

BBQの準備で魚を捌いたり野菜を畑からもいできたり

夜は、みんなでBBQと花火

帰りは遅い時間だったので渋滞もなくスムーズ

運転手ではなかったので炎天下の冷えたビールが美味しいのなんのって

今回、お酒を呑む大人がオイラ一人だったので

そらーもーほぼ飲み放題♪ 

運転もしなくていいなんて最高でしたわ♡

 

 

と、

 

応援します

 

 

 

 

宗像プロジェクト          

 

          山の壽  無農薬山田錦(福島農園)

 

 

 

「柔らかな旨味が感じれる美味しい食中酒」

 

個人的には無農薬で造った日本酒だから

無農薬ならではの特別な味がある...とは思いません

無農薬で想いを込めて作る酒米には力があると思います

それは数字として目に見える米の成分よりも

目に見えないポテンシャル...

それを感じれるようあえて特別な酵母や精米はしてないそうです

 宗像のテロワールと相まってどのような化学変化を起こすのか!

 

うわのそらで扱う手造りの日本酒は工業製品ではなく農作物だと考えます

 

始まったばかりの宗像プロジェクト

ゼヒ呑んでみてくださいね〜

 

 

 

  蔵元より

 

今回酒米山田錦を栽培して頂いたのは世界遺産にも登録された福岡県宗像市で
農薬・化学肥料・有機肥料不使用で自然栽培による米作りを10年程してこられた

農業福島園の福島光志(ひとし)さんです。
宗像市での山田錦栽培は近年行われておらず、まして農薬・化学肥料・有機肥料不使用の
自然栽培による酒米造りは前例がありません。
名前の通り光る志を持った福島さんが新しいチャレンジをしてくださり、その結果見事な
一等米を山の壽へ届けてくださいました。

出来上がったお酒を呑んで不思議な感覚があります。
普段使いの酵母と麹で仕込んだ普段使いのお酒なのに

それより少し想像を越えたお酒に仕上がったなと感じたのです。 

そしてそれは酸やアミノ酸がどうとか日本酒度がこうでと言う様な

ものさしじゃ測れない何かだと思っています。

造りの中では我々も日々数値を頼りに、舵をとります。
ただやはり考えるだけではお酒は造れないのです。
見ながら触れながら嗅ぎながら造らないと分からない部分が多くあるのです。
そして話しながら、

笑いながら作るのが山の壽だと胸を張って言える日が来る様に努めています。

 

コメント