ついに開幕っ!

 

 

                          

 

 

どうも僕です!

 

うわのそらでは、アルバイト募集しております♪

 

  詳しくは  →  アルバイト募集!

 

 

  うわのそら 092-761-1160まで

 

 

                          

 

 

 

どうも僕です!

 

ん 〜 Still...肌寒いっ...

 

そしてぇ!

いよいよ、4年に1度の祭典ワールドなカップ開幕っ!

個人的には大好きなオランダもいない、

常連国イタリアもいないW杯.....

チマタでも、ゴタゴタが先行し

いつもより盛り上がりもかけているよーですが...

ココまで来たら、日本のジャイアントキリングを信じて!

しっかり応援しましょ♪

 

....次の2022年のカタールW杯では、

           名波ジャパンが見てみたい!

 

 

と、

 

 

今日からのゴリ酒のご案内です♪

 

 

 

「点と線」が表現されたラベルデザインには

 今までの酒造りの経験や出会いを、

 このお酒を通じて飲む人につないでいきたいと

 

                思いが込められています。

 

 

 

 

 

 

   阿武の鶴  点と線

 

メリハリのある味わい、穏やかな酸味

ジメジメとしてる最近....ゴクゴク飲んだビールの後に

甘みが先行する旨味をリッチに味わうことができます

 

 

 

             -復活蔵 阿武の鶴これまで-

 

昭和58年の製造で休業していた蔵を復活させる!

そんな熱い想いに溢れる 杜氏 三好隆太郎

酒蔵が”休んでいた”状態だとはいえ、

物理的にも経営の面でもほぼゼロからの立ち上げ

自身は東京の大学で建築を学び、

デザイナーとして大手アパレル会社に勤務し2008年で退職

その後、千葉県、埼玉県、岐阜県、青森県の4酒蔵を渡り歩き、

酒造りについて学び2014年、34年間休業状態にあった

実家・阿武の鶴酒造での醸造を復活させるために帰郷

そして、蔵の再建設に先立ち、

同じ山口県内の蔵元『澄川酒造』の蔵を間借りし

醸した27Byビンテージ...思いのほか反響が多かったという

そして、ついに2017年より『阿武の鶴酒造』始動

 

 

と、

 

 

夏芽が始まりました〜

 

このみ農園の生アスパラが楽しめるのは...6月と7月ダケ!

 

 

 

 

 

このみさんのアスパラのためにつくる肉味噌にも注目です!

これだけで、お酒がススミます〜

 

 

 

 

今日も日本酒とうわのそらをよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント