blue!

                              

 

 

お待たせいたしました!

HPにて6月のメニュー更新致しております〜

ぜひ、ご参考にされてください♪

 

うわのそらHP

 

 

-6月、7月の店休日のご案内-

 

6月は、も〜休みません(笑)

   7月17日(月) 祝日 BBQの為

 

                              

 

 

 どうも僕です!

 

 

  バケーション明けてからというもの

おかげさまでバタバタと

      1日1日と日が経つのがそーとー早いです ^^;

 

 

 

 

 思い出に浸りながら、

お仕事頑張って

来年のバケーションも楽しく過ごせるよう

1年頑張りま〜す

 

 

と、

 

 美味しいゼイタクです♡

 

 夏にグイッと王祿を

 

 

 

 

   丈径さんが出すお酒はスベテ限定酒!            

 

王祿 丈径blue

55%精米 純米吟醸

 

 

 

豊作だった丈径のお米(山田錦)で渓を作ろう♪

 

 

 

                                              -WEBより-                   

 

丈径をこの世に出して丸20年が過ぎた。
初めての1本は、小さな酛タンクだった。
淡麗辛口全盛の頃、重くて味が多くて自己主張ばかりする酒。
それが私の初めて造った酒だった。

あれから丸20年、毎年醪は暴れに暴れ、組み伏すのに難儀する。

醪の段階から強烈な個性を主張し続ける丈径を進化させ、現在の味に到達した。

 

4年前、この固有の個性をさりげなく主張しながら、

爽やかでなおかつ呑み疲れない度数(15度台)の酒が欲しい。そう思うようになり、

また、試行錯誤を繰り返すこととなった。

 

そして、奇しくも27BY。
着々と作付面積を増やしてきた地元東出雲町の山田錦が、近年希に見る豊作の年だった。
溪も超王祿も、需要と供給のバランスを崩し、出荷制限をかけていた時期だった。
既にご承知の通り、東出雲町産の山田錦を全量使用した超王祿は、毎年平均仕込み2本を醸している。


そうだ、この米で、地元東出雲の山田錦で溪を造ろう。

当然どのタンクも同じだが、仕込み始めから理想的なBMD曲線を描いて、溪になるよう完璧な操作をした。


直汲みを口に含んだ瞬間、予期していた事がやはり起こっていた・・・
それでも、強引に原酒を全て15.3%に加水し、氷温での熟成を開始した。
6月、熟成期間を終えて出来上がった溪本生は、溪本生ではなかった。

 

それは、明らかに丈径だった。

 

2016年9月。                 
王祿特約店(チーム王祿)全店に集まってもらった席で、初めて披露した。
溪の(青みを帯びた透明)ボトルに入った丈径。
いつの間にか僕の大切な人たちはこう呼ぶようになった。


「丈径blue」の誕生である。

 

 

 

 

 

 

今日も日本酒とうわのそらをよろしくお願いいたします♪

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント